« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の18件の記事

2009年8月30日 (日)

24時間テレビ:NEWS加藤成亮がスティールパンで大演奏会

 昨夜から「24時間テレビ32~愛は地球を救う~」、ずっと観ています。

 今回のメイン会場は日本武道館ではなく、東京ビッグサイトです。

 今年の24時間テレビの会場が日本武道館でない理由:
 日本武道館で「Plastic tree」というビジュアル系バンドがライブをやっているため。

 昨日の錦戸亮(にしきど りょう)主演の24時間テレビドラマ「にいにのことを忘れないで-脳腫瘍と闘った8年間-」は良かった。テーマ曲はビートルズ「イン・マイ・ライフ」

 さっき、12:30頃からやっていた、「NEWS加藤がトリニダード・トバゴからやって来た天才姉妹と共に、世界一元気が出る楽器スティールパンで大演奏会を行う」という番組も音楽ファンにとっては、勉強になったよ。NEWS加藤成亮(かとう しげあき:ミドレンジャーらしい)がスチールパンを作って練習して演奏するという番組。

 スチールパンって、あんなふうにして作るのかとか、一つ一つの部分に音階があるということも初めて知りました。「Let It Be」「負けないで」「We Are The World」もいつもとは違う楽器で聴けたので、新鮮な感覚がします。音楽の幅が広がりそうです。

 う~ん。ためになったね~。ためになったよ~。

RSSリーダーで購読する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

幕末・維新 最後の将軍 麻生太郎

 民主党は政権交代しても、それだけで満足して何もしないと思う。

 政権交代して、それからどうするかが勝負だというのに、マニフェストを見ても現実無視のものばかり。財源はどうするのか? 「徳川埋蔵金」を掘り起こして使うのか? 最後の自民党将軍 麻生太郎は窮地に追い込まれている。

 「幸福実現党が一番の正当派だと思う。核ミサイル阻止、日本人拉致解放、北方領土解決こそが、より現実的だと思う」と言ってる人がいたけどね。

 コネタマ参加中: 政権交代してほしい? ほしくない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

やっと手に入れたスティービー・ワンダーの曲たち

 久しぶりに余裕の時間が持てたので、iTunesってみました。

 スティービー・ワンダーの初期の曲。

 アルバム「太陽のあたる場所」,「アップ・タイト」より。

 「バンバン」 

 「ダウン・トゥ・アース」 

 「16トン」 

 「二人だけの世界」 

 「大人は知らない」 

RSSリーダーで購読する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

「好きなカップラーメン」ってか?

 そりゃ、日清カップヌードルBIGカレーに決まっとる!

 スーパーで168円と少々高いが、カレーなので腹持ちが結構良い。

Big_2

コネタマ参加中: 好きなカップラーメンは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

愛されたい派

コネタマ参加中: あなたは愛したい派?愛されたい派?

 自分だけが愛しても相手がどう思っているか解らないから、

 だから愛されたい派。男女問わず、誰からも好かれる存在になりたい。

RSSリーダーで購読する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

伝説の少年誌創刊号の表紙

 「あなたの好きな少年誌は?」ってか?

 それは、私にとって神様である読売巨人軍終身名誉監督 長嶋茂雄さまが創刊号の表紙を飾る「週刊少年サンデー」に決まっとる!

 創刊号は1959年3月17日(4月5日号)に発売されたんじゃい! 何と30円じゃい!

  Photo

 コネタマ参加中: あなたの好きな少年誌は?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

「一人で焼き肉を食べに行けるかどうか」ってか?

 絶対、一人では行かな~い。

 寂しい~~。

 食べても誰にも美味しさを共有出来な~い。

 自己満足だし~。

 それに、目立つ~。

 以上~~。

コネタマ参加中: あなたは一人で焼肉を食べに行ける? 行けない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

ブログ「音楽の庭」のレイアウト・その他の変更点のお知らせ

 最近、このブログ「音楽の庭」のデザイン・ツールなどを少し工夫してみました。

 1.トップページ上部にある「音楽の庭」のタイトルとサブタイトルが青色から赤色に変更になりました。

 2.そのサブタイトルがもの凄い超ハイパー長文になってしまいました。

 3.記事本文の背景は今まで通り水色ですが、その背景に黒色の輪郭が登場しました。

 4.2009年8月11日(火)に書いた通り、曲の視聴が出来るようになりました。最大約60秒(1MB(メガバイト))と書きましたが、MP3ファイルはWMAファイルより若干圧縮率が高いらしく、1分10~15秒くらいまでで1MBとなることが解りました(ビットレートが128kbpsの場合)。

 5.画像をクリックすると拡大表示出来るようになりました。これでサムネイル表示も可能となります。

 6.記事内の大事な言葉は太字で書くようにしました。

 7.記事内にあるアンダーライン付きの言葉をクリックすると他の記事へジャンプ出来るようになりました。

 8.記事の行間が少し狭くなりました。

 9.1画面に20件の記事を表示することにしました。これで、ある程度はバックナンバーから過去記事を探さなくても良くなります。

10.超スーパー長文記事は、途中で「続きを読む」が出て来ます。画面の下が長くならないようにするための工夫です。「続きを読む」をクリックすれば続きが読めます。

 まあ、こんなもんかなあ。でも多分、また微妙に遠慮がちに目立たないところでリニューアルするかもなあ。

 どっちみち、一番上のサンタモニカも、そのうち秋用の風景に変えないといけないからな。多分、他の国になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

ワーム・ホールの研究

 「時空構造のトポロジーとして考えうる構造の一つで、時空のある一点から別の離れた一点へと直結する空間領域でトンネルのような抜け道を指す。もし、ワームホールが通過可能な構造であれば、そこを通ると光よりも速く時空を移動できることになる」 Wikipediaより。

 映画「スター・ウォーズ」に出て来るハイパー・スペース航路のようなワーム・ホールの研究が進めば、一瞬にして他の惑星へ行ける。昨今、地球で見かける宇宙人も、ワーム・ホールを使って地球にやって来て、地球温暖化の警鐘を鳴らしているのでは?

コネタマ参加中: 宇宙でやってみたいオモシロ実験は?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

終戦記念日-戦後のJAZZ

 昨日は終戦記念日。高校球児も試合中にサイレンとともにグラウンドで1分間黙祷。

 最近、NHKスペシャルで「兵士達の戦争」というドキュメンタリー番組が連日のようにあったり、「火垂るの墓」「硫黄島からの手紙」などの色々な番組を観ることで、本当に戦争は悲惨だったのだと感じます。当時、戦禍を逃れて生き延びた人達のほとんどは高齢者です。あと20年くらい経てば、戦争のことを生で語る人がすべていなくなってしまいます。小さい頃は、太平洋戦争があったなんて、大人が口裏合わせで作った作り話だと勝手に思っていました。なんて、つまらないことを考えていたのだろうと。でも、本当にあったのです。

 日本にとっては8月15日が終戦記念日ですが、15日を過ぎても、まだソビエト連邦が解体後の満州を攻め続けていて、連合国軍からの指示により、8月終わり頃にようやくソビエト連邦は撤退。その後、9月2日に正式に日本は降伏調印を結んだため、アメリカ合衆国にとっての終戦記念日(というより「戦勝記念日」)は9月2日なのです。

 戦後、日本に伝わったJAZZは、アメリカ合衆国では既に1930~1940年代に流行していたものです。それが、日本では戦争中は敵性音楽だとして聴くことも禁止。憲兵からレコード没収。「月月火水木金金」などの軍歌(これは海軍用の歌)などは許されました。

 アメリカ合衆国で流行り始めたJAZZは、戦後、10年ほど遅れて日本に伝わりました。その頃のJAZZは、グレン・ミラーベニー・グッドマンデューク・エリントンあたりではないでしょうか。JAZZの中でも「ビッグ・バンド」と呼ばれているジャンルです。

 ★グレン・ミラー・オーケストラより2曲紹介(視聴出来ます)↓

続きを読む "終戦記念日-戦後のJAZZ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

永遠のアイドル-斉藤由貴

絶対、斉藤由貴に決まっとる!

おすすめシングル曲紹介:

「卒 業」 ←デビュー曲 (1985年) 「青春という名のラーメン」CM曲

       デビューアルバム「AXIA (アクシア)」のA面1曲目 

「白い炎」 ←フジテレビ系列ドラマ「スケバン刑事」 エンディングテーマ曲

        デビューアルバム「AXIA」のB面1曲目 

「青春」 ←デビューアルバム「AXIA」に収録 デビュー曲「卒業」のB面 

「フィナーレの風」 ←デビューアルバム「AXIA」に収録 

まだまだ、あります↓

続きを読む "永遠のアイドル-斉藤由貴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

ブログ「音楽の庭」に大革命

 当ブログ「音楽の庭」で、音楽の視聴が出来るようになりました!

 最大約60秒(1MB(メガバイト) ビットレート:128kbps)

 続々配信中!(おすすめ曲についての過去記事も、視聴用プレーヤーを随時配置中)

 スティービー・ワンダー,レッド・ツェッペリン,ディープ・パープル,T・レックス,クイーン,マイケル・ジャクソンなどを始めとして、平原綾香,木村カエラ,いきものがかり,松任谷由実,Salyuなどの邦楽、また、昭和のヒット曲,ジャズ,ビッグ・バンド,フォーク・ソング,ディスコ,ユーロビート,テクノ,北欧メタル,映画音楽,ケルト音楽,ラテン音楽,その他民族音楽など、続々配信いたします。

RSSリーダーで購読する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

人生を変えたスティービー・ワンダーの曲

 1994年の1月に出会ったスティービー・ワンダーの1曲。

 「ブレイム・イット・オン・ザ・サン (Blame It on the Sun)」

 1972年発表のアルバム「トーキング・ブック (Talking Book)」に収録されています。

 1.サンシャイン (You Are the Sunshine of My Life)  

 2.メイビー・ユア・ベイビー (Maybe Your Baby)

 3.ユー・アンド・アイ (You and I)  

 4.チューズデイ・ハートブレイク (Tuesday Heartbreak)

 5.ユーブ・ガット・イット・バッド・ガール (You've Got It Bad Girl)

続きを読む "人生を変えたスティービー・ワンダーの曲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

SMAP出演 新ソフトバンクモバイルCMソング 紹介

 新たにSMAPが出演するソフトバンクのCMで、グランド・ファンク・レイルロード(Grand Funk Railroad)「ロコ・モーション」が使われています。

 この曲は、もともとリトル・エヴァのシングルでした(1962年)。
 後に、シルヴィ・バルタン(1960年代)がカバー。
 1974年にグランド・ファンク・レイルロードがハードロックでカバー。
 その後、カイリー・ミノーグ(1980年代)もカバーしました。
 グランド・ファンク・レイルロードは、1970年代に活躍したアメリカのハードロック・バンド。
 グランド・ファンク・レイルロードのシングルは他に、

 「ロコ・モーション」の視聴はこちら↓

続きを読む "SMAP出演 新ソフトバンクモバイルCMソング 紹介"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

死にそうになった数々の出来事

 小さい頃は何度も「もう死ぬかも」と思った出来事がありました。

 1. 夏休みに小学校のプールで泳いだ後、自転車での帰り道に左側のハンドルに掛けていた水泳道具の袋が前輪の骨組みに絡まり、急ブレーキがかかった状態となり、空中で自転車ごと1回転して転落。吹き飛ばされてアスファルト上に大の字になってしばらく動けなくなった。幸い、家の目の前だったので、母親と弟が助けに来てくれて絡まった袋をハサミで切断してもらった。袋はボロボロ。体は何も異常なし。

 2. 本籍地の旧家のそばの小屋で同世代の親戚同士で遊んでいた時のこと。その小屋は1階建てで屋根の梁がむき出し状態で登ることも出来た。木材の横桁が格子状に組み合わされており、その上に形ばかりの麦わらが敷かれていた。普通なら、板が敷かれて屋根裏の用途になるのだが、なぜか、形ばかりの麦わら。自分は、梁の上を歩き回っていた。てっきり、梁の横桁を踏んで歩いたつもりが、まさかの麦わら踏み。真っ逆さまに落ちてデザイアー (by 中森明菜)。地面の上でしばらく呼吸が出来ず、一人だけ横たわっているのに友達は誰も気づいていない。もう、死ぬかと思った。

続きを読む "死にそうになった数々の出来事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

ディープ・パープル(DEEP PURPLE) おすすめ曲

 アルバム「ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル(スーパー・ファンタスティック・ベスト2009)」 からの紹介です。その中でのおすすめ曲の紹介です。ハッシュ,ブラック・ナイト,ハイウェイ・スター,スモーク・オン・ザ・ウォーター,紫の炎(タマホームCMソング)など、様々な視聴が出来ます↓

 「ハッシュ (hush)」 (1968年)  
    ← 何かのCMソングに使われましたが、覚えていません。誰か教えて下さい。

 「ブラック・ナイト (black night)」 (1970年)  
    ← UCC缶コーヒー「ブラック・無糖」のCMソングとして有名。
      しかし、CMソングはオリジナルではなくカバーバージョンです。

 「スピード・キング (speed king)」 (1970年)

 「チャイルド・イン・タイム (Child In Time)」 (1970年)  

 「ストレンジ・ウーマン (Strange Kind of Woman)」 (1971年)

 「デイモンズ・アイ (demon's eye)」 (1971年)

 「ハイウェイ・スター (Highway Star)」 (1972年)  
    ← 90年代に自動車(おそらく日産)のCMソングとして使われていました。

 「スモーク・オン・ザ・ウォーター
  (Smoke on the Water)」 (1972年)  

 「スペース・トラッキン (Space Truckin')」 (1972年)

 「紫の炎 (Burn)」 (1974年)  
    ← タマホームCMソング(木村拓哉 出演)

 「嵐の使者 (stormbringer)」 (1974年)

 「ノッキング・アット・ユア・バック・ドア (knocking at your back door)」 (1984年)

 特にお気に入りは、「ハッシュ (hush)」 と「ブラック・ナイト (black night)」 です。

 それと、昨日書いた通り、「紫の炎 (Burn)」はタマホームのCMソング(木村拓哉 出演)で現在放送中です。

 「ハイウェイ・スター」は誰が聴いても、「あ、これ知ってる」という曲。

 個人的には「チャイルド・イン・タイム (Child In Time)」 も好きで、これは10分15秒というとてつもない長さ。

 このアルバムに収められていない曲のお気に入りは「パーフェクト・ストレンジャーズ (perfect strangers)」 (1984年) です。 

 ※ディープ・パープルの曲の特徴は、基本的に分数が長いことです。

RSSリーダーで購読する

続きを読む "ディープ・パープル(DEEP PURPLE) おすすめ曲"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月 6日 (木)

木村拓哉 出演「タマホーム:登場編」CMソング 紹介

SMAPの木村拓哉さんが出演する建築会社タマホーム(TAMA HOME)のCMで、
ディープ・パープル(Deep Purple)「紫の炎 (Burn)」が使われています。
burnは「燃やす」とか「燃える」などの意味。

詳しくは、ディープ・パープル おすすめ曲で。

キムタクがパソコンで、
「タマホーム社長の玉木康裕(愛称 タマちゃん)です」という
タマホームの玉木社長からのメールを見て。

1974年のコンサートでの「紫の炎 (Burn)」の生演奏YouTubeはこちら↓

続きを読む "木村拓哉 出演「タマホーム:登場編」CMソング 紹介"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

誕生日を迎えて...想い出の一日

 今日は誕生日です。37歳になってしまいました。生まれた時間は午後3時33分。気温も33℃だったかは知りませんが、これも神様が何かの縁で授けてくれた偶然。母親曰く、本当は8月1日に生まれる予定だったとか。生まれた時の体重は何と3,900g。しかも、赤毛で生まれてきたらしい。

 ちなみに、生まれた日の朝日新聞を持っています。ばあちゃんがタンスの中に大事に保管してくれていました。全ページ数は現在の半分程度。第一面のタイトルは「首相訪中で一括解決」。つまり、日中国交正常化へ向けて田中角栄首相が邁進しているということ。竹下 登元首相が「竹下幹事長」になっていました。スポーツ欄は1位巨人、2位阪神で3ゲーム差。テレビ欄は「8時だよ! 全員集合」、「スター千一夜」、「キイハンター」、「海のトリトン」、「新・オバケのQ太郎」など。

 誕生日の翌日に必ずやってくるのが、ヒロシマ原爆記念日。

 8月5日はタクシーの日らしいです。あと、ニューヨーク・ヤンキースの永久欠番「5」のジョー・ディマジオ選手の妻であるマリリン・モンローが亡くなった日。柴咲コウの誕生日も8月5日。SPEEDが誕生した日も8月5日。

 久しぶりに記事を更新しました。忙しかったこともあるし、今までの人生を振り返ってみたいという気持ちもありました。これまで何が幸福だったのか、何が不幸だったか、10年前と更にその10年前と今とでは何が変化したのか、などを考えて。

 今日、2歳年上でかつて同じ職場だった先輩と会ってきました。自分自身としては、私が21歳の時に23歳で亡くなった大切な先輩(当時、同じく2歳年上)がいて、その故人と重ね合わせて今の先輩を見てしまうし、これほど心の良きアドバイスをしてくれる先輩はいないと思います。これからも大切にしていきたいです。近くに転勤してきたので心強いです。もう、これ以上転勤しないで欲しいと思ってしまうけど、そうはいかないんだ。

 その先輩とは、年の差が2歳あるとは思えないくらい冗談を言える仲で、歴史の話で盛り上がりました。邪馬台国は実は徳島県にあったとか、織田信長は本能寺の変で死んではいなかったとか、源氏物語は実は男性が書いたとか、元寇は実はなかったとか、源義経は平泉で自決せずに蝦夷地へ逃げていたとか、北朝鮮は核ミサイルを使って南北統一を企んでいるとか、府中三億円事件の真犯人は女性だったとか。

 いろいろなことを話していて気づいたのが、結局は人と人とのつながりだということ。もう後がないと思っても、ルービック・キューブ6面体を一つ動かすことによって、全27個の立方体がそれまでとは全く違う方向へ向かってしまう。そして、また一つ動かすことで、今まで出会ったことがない色同士が隣り合ったり向かい合ったりする。それを繰り返せば、時間の経過と共に一つ一つの面の色がそれまでとは違う人生を歩んでいくことになる。

 自分が動けば相対的に全体も変化する。人間ってそのようなものです。一人だけ動いて誰にも影響を与えないなんてあり得ない、という結論に達した今日。想い出の一日です。

 マイケル・ジャクソンの「想い出の一日」は素敵な曲です。

 それにしても、ビビる大木とGacktを知らなかった先輩には、開いた口が塞がらなかったよ。「学徒出陣」なら知ってるって、それ、歌手じゃないし。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »