« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の9件の記事

2009年12月29日 (火)

2009年の出来事-重大ニュース(1~3月)

1月3日:永田寿康元民主党衆議院議員が飛び降り自殺。

1月4日:運転免許証にICチップが内蔵されてICカード免許証となる。免許証から本籍地が消える。

1月14日:中央大学 高窪統教授 刺殺事件。

1月29日:西川善文日本郵政社長、かんぽの宿のオリックス不動産への売却の事実上の凍結を表明。

2月2日:浅間山が噴火。噴煙は約2000m上空まで上昇。

2月14日:イタリアのローマで開催されたG7の「財務大臣・中央銀行総裁会議」後、酩酊状態の中川昭一財務金融担当大臣が意識朦朧の状態で出席。「オ・バ・マ・セ・イ・ケ・ン・ノ~」

2月17日:メイテイ中川昭一財務金融担当大臣が辞表を提出。

2月22日:映画「おくりびと」が第81回アカデミー賞最優秀外国語映画賞に選ばれる。

3月1日:JR九州が、福岡都市圏・北九州都市圏各駅にICカード「SUGOCA」を導入。

3月3日:準大手ゼネコンの西松建設による政界トンネル政治献金疑惑で、民主党小沢一郎代表の第一公設秘書、西松建設前社長らを、政治資金規正法違反容疑で逮捕。

3月10日:日経平均株価の終値が7054円98銭。バブル崩壊後の最安値を更新。

3月13日:海賊対策のため、海上自衛隊をソマリア沖へ派遣することを決定。
      寝台特急「はやぶさ」,寝台特急「富士」,急行「つやま」が廃止。

3月14日:JR7社が一斉にダイヤを改正。JR東日本の首都圏と仙台圏の「Suica」エリアの拡大。JR北海道のICカード「Kitaca」と「Suica」の相互利用を開始。

3月28日:プロ野球セ・リーグ 広島東洋カープの本拠地「新広島市民球場」が竣工。別名「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」

3月29日:千葉県知事選挙で、森田健作氏が2回目の挑戦で初当選。

※4月以降は時間があり次第書くよ。でも、年明けになりそうだな。

 明日、書けるかどうかは解りません。書けなかったら、良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

2009年 亡くなった有名人

1/02 堀田 一郎(中日ドラゴンズ社長)
1/02 ケーシー・ランキン(SHOGUN)
1/03 永田寿康(民主党議員)
1/13 パトリック・マクグーハン(アメリカ合衆国:俳優)
1/16 水野 正幸(ホクト創業者・社長)
1/22 ビル・ワーバー(メジャーリーグ選手)
1/25 大口 広司(ザ・テンプターズ)
1/27 ジョン・アップダイク(アメリカ合衆国:作家)
1/28 青山 孝史(フォーリーブス)
2/02 山内 一弘(プロ野球選手)
2/06 藤井 章司(一風堂)
2/11 エステル・ベネット(ザ・ロネッツ)
2/19 ケリー・グルーカット(エレクトリック・ライト・オーケストラ(E.L.O.))
2/25 フィリップ・ホセ・ファーマー(アメリカ合衆国:SF作家)
3/04 サルヴァトーレ・サンペリ(イタリア:映画監督)
3/08 伊藤 隆大(俳優:兄は俳優の伊藤淳史)
3/15 ロン・シルバー(アメリカ合衆国:俳優)
3/18 ナターシャ・リチャードソン(イギリス:女優)
3/24 ジョージ・ケル(メジャーリーグ)
3/27 鎌田 収(白元社長・会長)
3/27 杉山 悟(プロ野球選手)
3/29 モーリス・ジャール(フランス:作曲家)
4/21 清水 由貴子(女優)
5/02 忌野 清志郎(歌手)
5/23 盧 武鉉(ノ・ムヒョン:韓国大統領)
5/26 栗本 薫(作家)
6/13 三沢 光晴(プロレスラー)
6/25 マイケル・ジャクソン(Michael Joseph Jackson)
7/07 勝野 七奈美(タレント)
7/08 川喜田 二郎(文化人類学者)
7/28 川村 カオリ(歌手)
8/02 古橋 廣之進(水泳:トビウオ)
8/03 大原 麗子(女優)
8/12 山城 新伍(チョメチョメ)
8/18 金 大中(キム・デジュン:韓国大統領)
9/11 臼井 儀人(漫画家)
9/25 土井 正三(巨人V9時代の2番バッター)
10/03 中川 昭一(政治家)
10/16 加藤 和彦(作曲家,フォーク・クルセダーズ,サディスティック・ミカ・バンド)
10/21 南田 洋子
10/29 三遊亭 円楽(5代目)
11/03 三村 敏之(広島東洋カープ監督)
11/10 森繁 久彌
12/17 ジェニファー・ジョーンズ(女優)

ご冥福をお祈りいたします。

RSSリーダーで購読する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年12月27日 (日)

2009年、最も衝撃的だったニュース

 一番の衝撃は、文書作成ソフト「一太郎」のバージョンと競い合っていたように見えた「釣りバカ日誌」が20で完結すること。この映画はバージョン20で終了。

 それではありません。一度も観たことがありません。

 一番の衝撃は、間違えて刺身を電子レンジでチンして、煮魚にしたこと。 

 でも、それではありません。すみません。個人的なことでした。

 やっぱり、一番の衝撃は、小島よしおの新ギャグ「何の意味もない!」

 でも、それではありません。

 まあ、"Yes, We Can"に始まり、

 WBC世界一、

 皆既日食、

 のりピー事件(週刊誌に「ラリピー」と書かれていました)、

 鳩ポッポ政権誕生、

 34歳の女、

 35歳の女、

 巨人軍の3連覇、

 市橋容疑者逮捕(何で時効4ヶ月前に会社を辞めるん? あと、もうちょっとすれば、ヒーローになれたのに)、

 平岡 都さん殺人事件

 平林 都さん(マナー講師、「接遇」がキーワード。「言え!」「はい、良く出来ました~」)

 ※名前が似ているから並べただけです。

 2016年のオリンピックが東京でなく、リオデジャネイロに決定、

 蓮舫議員の必殺仕分け人(夜になると殺し屋になるらしい)、

 で終わった2009年。

 いろんなことがあったんじゃないっすかね?

 今年のトリは蓮舫。蓮舫ゲームとかいうのがあるらしい。

 でも、正真正銘の衝撃は、マイケル・ジャクソン

 今でも、信じれんばい。

RSSリーダーで購読する

ブログネタ: 2009年、もっとも衝撃だったニュースは?参加数

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

日本のメリー・クリスマス

 お久しぶり。

 帰って来たよ。

 このVirtualの世界に。

 もう、クリスマスですね。

 天神の警固(けご)公園のイルミネーションも、今日の深夜には毎年のように潔く一斉撤去されます。

 そして、翌日の26日には何でもなかったように跡形もなくなってますから。

 そんでもって、スーパーのBGMは、クリスマスソングから突然、お正月の歌にマイナーチェンジ。

 この日本国の潔さは何?

 日本のクリスマスって、雰囲気だけで満たされているの?

 何でクリスマスのオードブルにお寿司が入ってんの。

 コンビニの店員の帽子は、どうしてサンタなの。

RSSリーダーで購読する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月17日 (木)

不毛地帯-挿入歌 (12月17日)

 フジテレビドラマ「不毛地帯」の挿入歌 (12月17日分)は、この曲です。あまり、良く観る時間がありませんでしたが。

 「ムーン・ライト・セレナーデ」/グレン・ミラー・オーケストラ

 

 グレン・ミラーにより作曲されたビッグ・バンド(スウィング・ジャズ)の代表曲の1つ。

RSSリーダーで購読する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

雅子様に辺野古に押尾にタイガーに

 今日は雅子様の46歳のお誕生日だそうです。めでたいことです。最近はお元気そうで、愛子様も元気ハツラツオロナミンCと成長し、天皇陛下即位20周年・ご結婚50周年などと、今年の皇室はめでたいことばかりでございました。

 一方、政界は辺野古基地問題をきっかけとして日米同盟が崩れつつあります。大きな危険が生ずれば、そのうち、日米交渉決裂 → アメリカ合衆国からの経済制裁 → 日米同盟解消 → 米軍と自衛隊との争い → 自衛隊を「自衛軍」と改称 → 憲法の大改正 → 「東アジア共同体」が「大東亜共栄圏」と改称

 という最悪のシナリオに。もしくは、日本国がアメリカ合衆国第51番目の州になるか、中国に占領されるか。北朝鮮の核ミサイルで占領されるのか? そうなれば、北方領土問題どころか、日本本土問題になってしまいます。核の傘によって温暖化が少々解消されるかも知れませんが、それは、洒落になりません。

 これらがあと20年位近く続けば次の天皇継嗣問題が生じる → 平成天皇が崩御された後で悠仁天皇が即位 → まだ若い悠仁天皇には政治的学識がない → そんな悠仁天皇に大物政治家達が付け入り、天皇に対して色々な重要文書に気軽に印鑑をポンポン押させる → そんでもって、次期新政府が樹立。まるで、明治新政府の作り方のよう。もちろん、 民主党・自民党の2大政党制は崩壊。

 そうならないように、早く米軍基地をどうするかはっきりしてもらいたいです。オカダ氏が最終的に何とかしてくれるのか? やっぱり、何もしてくれないのか?

 それと、とても気になるのが、鳩ポッポが提唱する「東アジア共同体構想」

 鳩ポッポは「米国の影響力を徐々に減らしていくべきだ」という趣旨の主張をし、「東アジア地域の安定を図るために米国の軍に機能すべきだと思うが、同時に政治的・経済的にも影響力を行使し続けるのには、出来る限り歯止めをかけたい」とか物申しているし、

 この構想に対して「オバマ政権は、反グローバリゼーションや反アメリカ主義を相手にしないだろう。アメリカ政府が日本をアジアの中心として考えなくなり、G7の首脳らにも同意が得られないだろう」などと相次いで批判。

 東アジア共同体構想によると、東アジアの集団安全保障体制の構築や通貨の統一などが考えられているようです。

 中国の勢力が強いので、日本の通貨が「元」になるかもしれないです! いや、「ウォン」かも知れません。それとも、ベトナム国民が「ドン!」と主張してくるかも知れません。いや、「バーツ」がいいかなぁ(笑)。どれにしようかなぁ。初心に戻って「両」が良いかもなぁ。でも、確か1両は10~15万円だったので細かい計算が出来ないから、ついでに文(もん)を復活させて、銭(円の100分の1)と厘(銭の10分の1)も併用させるやり方もありかもなぁ。江戸時代は、そば1杯が16文だったらしいよ。1両が6000文なので1両を15万円とすると、そば1杯の値段は現在の価値にして400円だね(150,000÷6,000×16=\400)。

 「東アジア共同体」が「大東亜共栄圏」となってアメリカ合衆国と再び戦争をすることがないことを祈ります。最近、鳩ポッポ政権が怖くなってきました。

 押尾とタイガーについては、もう、書かなくても解るかぁ。

 疲れた。寝る。

 ごきげんよう。

RSSリーダーで購読する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦!」テーマ曲紹介

「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦!史上最高一夜限りの頂上バトル歴代王者緊急参戦スペシャル」

「フット・ルース(Footloose)」/ケニー・ロギンス(Kenny Loggins) (1984年)

 ↑聴いたことがあると思うので、聴いてみて下さい。

 マクドナルドのビッグアメリカシリーズのCMソングでもあります。

RSSリーダーで購読する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

「SMAP×SMAP」にオノ・ヨーコとジョン・レノン~「イマジン」「Happy Xmas (War Is Over)」など(12月7日)~おすすめ曲 紹介

 明日の12月8日はジョン・レノンが亡くなった日です。

 本日の「SMAP×SMAP」で紹介されました。

 オノ・ヨーコとジョン・レノンは1969年に結婚。

 発表予定だったアルバム『ゲット・バック』(1969年)も、2人の結婚が主な理由でビートルズ解散モードになった最中に凍結。アルバム『アビー・ロード』(1969年)が実質最後のオリジナルアルバムとなりました。アルバム『レット・イット・ビー』(1970年)は、その時既に出来ていました。

 「イマジン」 (1971年)   ←アナログTVからの音源のため、音が悪いです。

 「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった) (Happy Xmas (War Is Over))」 (1971年) 

 「ラヴ」 (1970年) アルバム『ジョンの魂』に収録 1971年にレターメンがカバー。   ←レターメンの歌声です。

 「パワー・トゥ・ザ・ピープル」 (1971年) 

 「スターティング・オーバー」 (1980年)   ←暗殺の2ヶ月前にリリース。生前最後のシングル曲。

 「ウーマン」 (1981年) ジョンの死後に、アルバム『ダブル・ファンタジー』からシングル・カットされた。 

RSSリーダーで購読する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

生きて歴史の証人たれ~不毛地帯~

 それにしても、ゆうべの「不毛地帯」、何で早くも壱岐佳子(よしこ)が死んでしまったのでしょうか? 東京商事の鮫島辰三と近畿商事の里井副社長との抗争が原因で、家庭を顧みずに働き過ぎた壱岐正。そんな正を支えながら、家族と一緒にいることに幸せを感じていた佳子は、正に秋津千里という女性の影があることに対する不信感や、夫との会話が少ないことに対するストレスを感じていました。佳子は交通事故で死去。秋津千里を巡って夫婦喧嘩をした直後、腹を立てた佳子は壱岐と分かれて横断歩道で一人で信号待ちをしていました。そこで、壱岐が千里のことを弁解するために佳子に呼びかけ、佳子がそれに振り返った瞬間の出来事でした。佳子は、横断歩道を乱暴に左折してきたトラックにはねられ即死。

 佳子が早くも亡くなるとなると、このあとの展開は寂しいものになるかも。だって、家庭が一番だからです。たとえ、秋津千里と結婚したとしても、子ども達はどう感じるのでしょうか?

RSSリーダーで購読する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »