« 「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦!」テーマ曲紹介 | トップページ | 不毛地帯-挿入歌 (12月17日) »

2009年12月 9日 (水)

雅子様に辺野古に押尾にタイガーに

 今日は雅子様の46歳のお誕生日だそうです。めでたいことです。最近はお元気そうで、愛子様も元気ハツラツオロナミンCと成長し、天皇陛下即位20周年・ご結婚50周年などと、今年の皇室はめでたいことばかりでございました。

 一方、政界は辺野古基地問題をきっかけとして日米同盟が崩れつつあります。大きな危険が生ずれば、そのうち、日米交渉決裂 → アメリカ合衆国からの経済制裁 → 日米同盟解消 → 米軍と自衛隊との争い → 自衛隊を「自衛軍」と改称 → 憲法の大改正 → 「東アジア共同体」が「大東亜共栄圏」と改称

 という最悪のシナリオに。もしくは、日本国がアメリカ合衆国第51番目の州になるか、中国に占領されるか。北朝鮮の核ミサイルで占領されるのか? そうなれば、北方領土問題どころか、日本本土問題になってしまいます。核の傘によって温暖化が少々解消されるかも知れませんが、それは、洒落になりません。

 これらがあと20年位近く続けば次の天皇継嗣問題が生じる → 平成天皇が崩御された後で悠仁天皇が即位 → まだ若い悠仁天皇には政治的学識がない → そんな悠仁天皇に大物政治家達が付け入り、天皇に対して色々な重要文書に気軽に印鑑をポンポン押させる → そんでもって、次期新政府が樹立。まるで、明治新政府の作り方のよう。もちろん、 民主党・自民党の2大政党制は崩壊。

 そうならないように、早く米軍基地をどうするかはっきりしてもらいたいです。オカダ氏が最終的に何とかしてくれるのか? やっぱり、何もしてくれないのか?

 それと、とても気になるのが、鳩ポッポが提唱する「東アジア共同体構想」

 鳩ポッポは「米国の影響力を徐々に減らしていくべきだ」という趣旨の主張をし、「東アジア地域の安定を図るために米国の軍に機能すべきだと思うが、同時に政治的・経済的にも影響力を行使し続けるのには、出来る限り歯止めをかけたい」とか物申しているし、

 この構想に対して「オバマ政権は、反グローバリゼーションや反アメリカ主義を相手にしないだろう。アメリカ政府が日本をアジアの中心として考えなくなり、G7の首脳らにも同意が得られないだろう」などと相次いで批判。

 東アジア共同体構想によると、東アジアの集団安全保障体制の構築や通貨の統一などが考えられているようです。

 中国の勢力が強いので、日本の通貨が「元」になるかもしれないです! いや、「ウォン」かも知れません。それとも、ベトナム国民が「ドン!」と主張してくるかも知れません。いや、「バーツ」がいいかなぁ(笑)。どれにしようかなぁ。初心に戻って「両」が良いかもなぁ。でも、確か1両は10~15万円だったので細かい計算が出来ないから、ついでに文(もん)を復活させて、銭(円の100分の1)と厘(銭の10分の1)も併用させるやり方もありかもなぁ。江戸時代は、そば1杯が16文だったらしいよ。1両が6000文なので1両を15万円とすると、そば1杯の値段は現在の価値にして400円だね(150,000÷6,000×16=\400)。

 「東アジア共同体」が「大東亜共栄圏」となってアメリカ合衆国と再び戦争をすることがないことを祈ります。最近、鳩ポッポ政権が怖くなってきました。

 押尾とタイガーについては、もう、書かなくても解るかぁ。

 疲れた。寝る。

 ごきげんよう。

RSSリーダーで購読する

|

« 「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦!」テーマ曲紹介 | トップページ | 不毛地帯-挿入歌 (12月17日) »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523555/46981542

この記事へのトラックバック一覧です: 雅子様に辺野古に押尾にタイガーに:

« 「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦!」テーマ曲紹介 | トップページ | 不毛地帯-挿入歌 (12月17日) »