« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の3件の記事

2010年2月27日 (土)

今日は「新撰組の日」(2月27日)

 日本の昔の時代の文献を漁ってみたり、戦後の昭和史について調べてみたり、消息不明の阿部定(あべさだ)の行方について調べてみたり(生きていたら105歳)、消滅したプロ野球チームの永久欠番(西鉄の6や24とか、近鉄の1とか)を調べてみたり(ちなみに巨人軍は、1, 3, 4, 14, 16, 34の6つ)。

 本題。今日は、「新撰組の日」らしい。

 文久2年(1862年)の2月27日。

 浪士隊募集によって、約20名からなる「壬生(みぶ)浪士組」が誕生。

 天然理心流(てんねんりしんりゅう)の剣術道場「試衛館(しえいかん)」のメンバーである近藤 勇土方歳三(ひじかたとしぞう),山南敬助芹沢 鴨(せりざわかも:この人は神道無念流(しんどうむねんりゅう)、近藤勇と対立),沖田総司(おきたそうじ),井上源三郎永倉新八(この人も神道無念流。新撰組の中で一番長生きして大正時代まで生きた),島田 魁(しまだかい),山口一(後の齋籐 一(さいとうはじめ)),原田左之助蟻通勘吾(ありどおしかんご)などで、壬生浪士組がスタート。

 文久3年(1863年)に起こった「8月18日の政変」の活躍を認められ、その1ヶ月後に、スポンサーである会津藩主松平容保(まつだいらかたもり)から「新撰組」の名を戴きます。

 蟻通勘吾は新撰組初期からずっと、池田屋事件(1864年)などで平隊士として活躍し、函館戦争(明治2年(1869年))で戦死しながらも、副長の土方歳三から「お前、いつから入隊してるんだっけ?」と聞かれるほど、目立たず地味な働きぶり。

 この中で、最も好きな人物は山南敬助(やまなみ けいすけ)です。

 新撰組総長。いわば、参謀役。序列で言えば局長,副長に次ぎ、3番手。

 隊の規律を強化するため、上層部との意見対立で自ら脱走しても、追っ手の沖田総司に敢えて捕まり、京都に戻って「局中法度」に従って従順に切腹します。「私が法度に従って切腹すれば、隊の規律は引き締まり、脱走する者は現れない」と言って最期を迎えます。

 山南敬助には恋人がいました。

 丹波出身の芸者、明里(あけさと)です。

 残念ながら、生まれた年と亡くなった年が不明。

 山南敬助の脱走中に一緒に富士山を見に行こうとお供した明里は、途中で総司に見つかった山南の命により、丹波に戻るように言われます。「必ず今度こそ、一緒に富士山を見に行こう」と約束された明里ですが、既に山南は死に装束。始めから明里は覚悟していたそうです。

 この2人の恋の悲話は日本の歴史上、自分にとってかなり印象的なのものとなっています。

 余談ですが、今放送されているNHK大河ドラマ「龍馬伝」に出て来る岡田以蔵(おかだいぞう)ですが、イメージとだいぶ違う俳優さんが演じているのが衝撃! なんせ、「天誅!(てんちゅう)と叫び続けた「人斬り以蔵」として恐れられた人物です。ゴルゴ13のように殺し屋で生計を立てた人ですよ。

 既に4万アクセス突破していました。皆さんありがとう。

ブログネタ: 幕末で活躍した人物の中で一番好きなのは誰?その理由は?参加数拍手

RSSリーダーで購読する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年2月 8日 (月)

ウィンターソング-Enya(エンヤ)のおすすめ曲-視聴

久しぶりに見ることが出来た夜の星座達。

冬の星空は素敵ですね。

オリオン座が綺麗。

真ん中のM42が輝いて見えます。

そんな夜にぴったりのEnya(エンヤ)の曲。

1.Orinoco Flow(オリノコ・フロウ) 

2.Caribbean Blue(カリビアン・ブルース) 

3.Book of Days(ブック・オブ・デイズ) 

4.Anywhere Is(エニウェア・イズ) 

5.Wild Child(ワイルド・チャイルド) 

6.Dreams Are More Precious(ありふれた奇跡) 

RSSリーダーで購読する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月 7日 (日)

2009年の出来事-重大ニュース(7~9月)

 大変お待たせしました。2009年7~9月のニュースです。

7月

7月1日
 社団法人「公共広告機構」が「ACジャパン」に改称される。

7月5日
 PM4:15頃、大阪市此花区のパチンコ店「cross-ニコニコ」で、放火による火災発生。死亡者4名、負傷者19名。翌6日、40代の男を逃亡先の山口県岩国市内で放火と殺人容疑で逮捕。

7月8日
 2005年4月25日に発生したJR福知山線脱線事故で神戸地方検察庁が事故現場の線路を1996年に急カーブに付け替えた当時に鉄道本部長であった山崎正夫西日本旅客鉄道(JR西日本)社長を在宅起訴、社長は同日中に辞任表明。

7月16日
 北海道の大雪山系トムラウシ山と美瑛岳で、トレッキングツアー客2グループ24名が遭難、死亡者10名、負傷者9名を出す事故。

7月19日
 国際宇宙ステーションで日本が担当する実験棟「きぼう」が24年かけて完成。

7月21日
 衆議院解散を決定。同日の衆議院本会議で河野洋平議長が詔書(詔)を朗読して衆議院が解散。この解散により、小泉純一郎元内閣総理大臣を含む前職25人が今期限りで引退。

7月22日
 硫黄島付近の洋上で21世紀で最も継続時間の長い皆既日食が観測される。有人島として最長の観測時間となる予定であったトカラ列島では悪天候となり観測出来ず。

 山口県の集中豪雨に対して政府が林幹雄防災担当大臣を団長とする調査団を現地に派遣。

7月26日
 豪雨被害の大きかった防府市の災害現場を麻生太郎内閣総理大臣が視察の予定であったが、豪雨が続いており二次災害の恐れがあるために中止。

7月26日
 仙台市長選挙に、政令指定都市では初の女性市長となる奥山恵美子が当選。

7月28日
 中田宏横浜市長が辞職を表明(正式辞職日は2009年8月16日)。

7月31日
 宇宙飛行士若田光一氏、初めて日本人として137日に及ぶ長期の宇宙生活を終え、スペースシャトル・エンデバーでケネディ宇宙センターに帰還。

8月

8月3日
 裁判員制度による初の裁判が始まる(裁判員裁判)。

8月6日
 原爆症の認定における集団訴訟で、原水爆禁止日本協議会の原告団は、すでに勝訴している原告については高裁判決を経ずに原爆症と認定。敗訴した原告に対しても基金を議員立法で創設して全面救済を実施することで舛添要一厚生労働大臣が立ち会う中、確認書に署名した。

 パチンコ店「cross-ニコニコ」の放火によって重症だった50歳男性が入院先の病院で死亡。死亡者5名となる。

8月15日
 新型インフルエンザによる死者が国内で初めて確認される。

8月18日
 第45回衆議院議員総選挙が公示される。

8月19日
 政府は新型インフルエンザによる死者が確認されたことを受けて、本格的な国内の流行拡大を宣言。

8月30日
 第45回衆議院議員総選挙投開票・最高裁判所裁判官国民審査。投票率は69.28%。期日前投票においては前回・第44回衆議院議員総選挙比502万2019人増の1398万4866人と、いずれも小選挙区比例代表並立制となった第41回衆議院議員総選挙以降で過去最高を記録。自由民主党(自民党)・公明党は、結党以来の大敗を記録した。

 前市長の辞職に伴う横浜市長選挙が施行。政令指定都市では7月26日の仙台市の選挙に続く2人目の女性市長として林 文子が当選。

9月

9月1日
 消費者庁が発足される。
 改正道路交通法が施行される。排気量50ccを超える三輪自動車、主として前輪二輪・後輪一輪の車種の免許区分が、「普通自動車」から「自動二輪」に移動され、運転には二輪免許が必要となる。

9月9日
 第45回衆議院議員総選挙の結果を受けて、民主党・社民党・国民新党の3党による連立政権を組むことで合意。

9月13日
 政令指定都市移行後初となる岡山市長選挙において、現職の高谷茂男が2回目の当選を果たした。

9月16日
 第172回国会(特別国会)が召集される。
 午前、麻生内閣は首相官邸で臨時閣議を開いて総辞職。
 午後、鳩山由紀夫民主党党首が衆議院・参議院本会議において、第93代内閣総理大臣として指名され、鳩山由紀夫内閣が誕生。

9月18日
 日本初の宇宙ステーション補給機(HTV)の初号機が国際宇宙ステーション(ISS)への接続に成功。

9月19~23日
 シルバーウィーク。初めて1年間に2回目の大型連休となる。敬老の日(9月21日)と秋分の日(9月23日)に挟まれる9月22日が休日となるため、週末と合わせると5連休となった。

9月19日
 浜松市のはままつフラワーパークで「浜松モザイカルチャー世界博2009」が開幕(~11月23日)。

9月23日
 プロ野球、セントラル・リーグの読売ジャイアンツ(巨人)が3年連続42度目のリーグ優勝を果たす。

9月27日
 政令指定都市に昇格後初となる大阪府堺市長選挙が執行され、新人の竹山修身が現職の木原敬介に勝利して初当選。

9月28日
 第24代自由民主党総裁選挙が実施され、谷垣禎一元財務大臣が自由民主党総裁に決定。

9月29日

 政府が閣議において行政機関による天下りの斡旋・官僚OBの独立行政法人・特殊法人への再就職を原則禁止する方針を決定。

 前原誠司国土交通大臣は、建設中止の意向を示している八ツ場ダム関連の22年度予算の概算要求をせず、高速道路の建設区間を決める国会議員や有識者による国土開発幹線自動車道建設会議についても廃止すると明言。同時に会社再建中の日本航空(JAL)の赤字の原因ともなっている空港整備特別会計の抜本見直しも明言。

 こんな感じで、次へ。

 ごきげんよう。

RSSリーダーで購読する

| | コメント (1) | トラックバック (3)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »