« 冷やし中華の季節 | トップページ

2013年6月18日 (火)

「黒い瞳のナタリー」フリオ・イグレシアス

フリオ・イグレシアスのおすすめ曲を紹介いたします。

代表曲:

 「黒い瞳のナタリー」,

 「ガリシアの歌」,

 「禁じられた遊び」,

 「ビギン・ザ・ビギン」,

 「アモール・アモール」,

 「かつて愛した女性へ」

 スペインの代表的な曲を紹介します(歌手名不祥)。
 「『オール・ザ・ベスト・フロム・スペイン』 総輸入元:ミカサ通商株式会社 MADE IN CANADA」と書いてあるCDより。

 こちら↓

1.スペイン・カーニバル
   (日本で一番知られている曲。闘牛が紹介される度に流れてくる音楽です)
2.マリア・イザベル
   (地元のポップスでしょうか)
3.キエレメ・ムーチョ
   (ベサメ・ムーチョと同様の曲調。ムーチョと聴いて想像する通りでだいたい合っています)
4.小さな
   (誤植? 日本向けにカナダがタイトルを訳して輸出したのでこうなったのか? スペイン語では"Borriquito"となっています。小さな何? ねえ、何? 気になるよ)
5.砂糖キビ
   (森山良子さんの「さとうきび畑」と同じような曲調です)
6.シエリト・リンド
7.ラ・バンバ
   (フラメンコ調で、アメリカ合衆国のロス・ロボスが1987年にロックンロール調でカバーした曲のほうが日本では有名。でも、実はラ・バンバは元はメキシコ民謡です)。
8.アガピヌ
9.誰も知らない事は確か
10.グラナダ
   (グラナダはアンダルシア州の街です)
11.エスパーニャ
   (1曲目の「スペイン・カーニバル」に続く日本で有名な曲)
12.シンガー
13.セビリアーナ
   (先ほど紹介した曲です。リズムの取り方が難しいです)
14.アモーレ・アモーレ
15.ラ・クカラッチャ
   (ラ・バンバと同様、元はメキシコ民謡です。 「ラ・クカラッチャ」はゴキブリという意味で、昔、日本でゴキブリホイホイのCMソングに使われました。元大洋ホエールズのポンセ選手のテーマ曲でもありました)
16.太陽の一筋の光
   (太陽の光の下で躍っているような明るいポップスです)
17.ガリシアの歌
   (歌手:フリオ・イグレシアス ガリシアはスペインの北西部にある、リアス式海岸で有名な州です)
18.苦悩
19.愛する街アランユエ
   (イントロ部分が「必殺仕事人」のテーマ曲に非常に似ています)
20.ビバ・スペイン

 同じミカサ通商株式会社が出しているメキシコのマリアッチ音楽のCDに「牛をう」という変なタイトルがあります。これも誤植でしょう。きちんと日本人に確認してもらってから輸入しましょう。牛を「うっ!」とするのですか。私の知る限り最大の曲名の誤植は、渡辺美里さんの「虹を見たかい」が「蚊を見たかい」となっていたことです。

 ぐっさん(山口智充 氏)が、以前、フジテレビのものまね番組で、フリオ・イグレシアスの「黒い瞳のナタリー」を顔のメイクをして歌っていましたが、あれは、ギリです。やり過ぎです。

|

« 冷やし中華の季節 | トップページ

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523555/57619345

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒い瞳のナタリー」フリオ・イグレシアス:

« 冷やし中華の季節 | トップページ